スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゴルフ(6)ゴルフスクール乗り換え

  昨年の2月頃から5月頃までは、日本でも最大手の某スポーツクラブのレッスンを受けてました。しかし、とにかくあまりちゃんと教えてくれないところでした。インストラクターはフェースローテーションの原理、アームローテーション、等々何ヶ月経っても教えるべき点を教えない。

  そうこうしている間に、またまた会派で2度目のラウンド(オイオイ)。このときは18ホールで180ほど叩いてしまいホントに疲れました。ちょうどこのころ、事務所のすぐそばに別のインドアゴルフスクールが出来たので体験レッスンを受けまてみました。結論としては非常に良かったので、即座にゴルフスクールを乗り換えることに決定。

  下手くそなのに申し上げるのもどうかとは思いますが、それでもあえて申し上げると、最大手某スポーツクラブは最悪でした。ここの某スポーツクラブは最初からレッスン内容を出し惜しみして受講生に対してうまくなりようがない状態をできるだけ維持して、その間の受講料で儲けようという戦略だったのではないかと思います。以前のブログにも書きましたが、初心者に20万円以上のフルセットを売りつけようとか考えたりするなんて、アコギ以外の何者でもありませんよ。それでも、私が退会する直前は、レッスンを受けようとしても予約がいっぱいでしたけどね。今はサッサと逃げ出して良かったと思ってます。

ゴルフ(5)初ラウンド

  去年の4月に初ラウンドに出かけました。場所は箱根の某ゴルフ場。ですが、15ホール回ったところで、メンバー全員があまりの強風のためリタイヤ。アドレスに入っている間にサンバイザーが強風で吹き飛ばされてゴルフ場をダッシュしてなんとか押さえにいくなど、大変なラウンドでした。
  スコアの方ですが、確か15ホールで150くらいたたいたと思います。元々子供の頃から運動神経はダメでした。さらに球技及び道具を使うスポーツには大きな苦手意識がありました。私がやってる運動はウォーキングやストレッチ等、ボールや特別な道具を使わないものばかりです。スコアアップについては今現在でも苦しんでますが、その後も悩まされることになります。

ゴルフ(4)初打ちっ放し&二度目の打ちっ放し

  会派で去年4月に初ラウンドの予定を入れられてしまったので、買ったばかりのアイアンを持って打ちっ放しに出かけました。住まいから歩いて数分のところに河川敷があり、そこに打ちっ放しがあったので出かけました。ですが全然当たらないんですよねー100球打ちましたが上に上がったのは1球か2球だったのでは。ゴルフスクールの中でインストラクターにアドバイスを受けながら打てばまだ当たるのですが、一人でいきなり打ちっ放しの打席に立っても全く当たらない。
  おまけに恥ずかしい話なのですが、当時はアイアンにカーボンシャフトとスチールシャフトがあることすらよく知りませんでした。当時通ってたゴルフスクールにおいてあったアイアンのシャフトはカーボンシャフトばかりだったようです。一方、私が買ったアイアンのシャフトはスチール。そりゃ、カーボンシャフトのクラブしか振ってなかった初心者がいきなりスチールシャフトのクラブを持ったって当たるわけないですよね。

  ということで初ラウンドはキャンセルしようと思いました。しかしラウンドを企画してくださった某先生はどうしても初ラウンドを私に体験させたかった^^;ようで、間髪を入れず、その某先生を加えた打ちっ放し練習が数日後に企画されました。場所は神宮。蒸し暑いところでしたが練習場自体はきれいでしたね。まあそこで練習しても腕が強烈に上がるわけもないのですが、初ラウンドを断るという選択肢はどうやらあり得ないようだった^^;ので結局初ラウンドに出かけることとなりました。

  当時はとにかくついていくのに必死でしたが今から考えれば有り難いことです。この某先生には大変感謝しております。会派に入らなければ、私は一生ゴルフクラブなど持つこともなかったと思います。弁理士や博士は狙って取りましたが、狙わずにこういう事態になるというのも面白いものです。狙わずに陥った事態をどう生かせるか、という点についてはその人のセンスが問われるところでしょう。

弁理士の会派

  そろそろ各会派が登録祝賀会を開催する頃だと思います。
  弁理士の会派においては「八派」という言葉が存在しています。八派とは、PA会、弁理士春秋会、南甲弁理士クラブ、無名会、稲門弁理士クラブ、弁理士クラブ、弁理士同友会及び西日本弁理士クラブ(順不同)の八個の団体を示しています。


  また、「三派」という言葉も存在しています。三派とは、日本弁理士クラブ、弁理士連合クラブ及び西日本弁理士クラブ(順不同)を示しています。
  日本弁理士クラブはPA会、弁理士春秋会、南甲弁理士クラブ、無名会及び稲門弁理士クラブの5団体で組織されております。弁理士連合クラブは弁理士クラブ及び弁理士同友会の2団体で組織されています。
  ちなみに日本弁理士クラブと弁理士クラブは別の団体です。私の事務所の所長などは勘違いしてました。


  このほかの会派としては、私の知る限りにおいて、東海協議会と弁理士クラブ21世紀があります。それぞれ東海圏と関西圏を基盤として有する団体です。


  昔は多くの団体が学閥を母体としていました。例えば、PA会は国立大、弁理士春秋会は東工大、南甲弁理士クラブは中央大、稲門弁理士クラブは早稲田大、弁理士同友会は日大が母体です。ですが私の知る限り、現在では稲門弁理士クラブ以外の団体は他大学出身者にも門戸を開いております。いわゆる他大学出身者でもそれぞれの団体で活躍している方が数多くいらっしゃいます。
  門戸を開くようになった理由の一つには、マンパワーの不足という点が挙げられると思います。どこの団体も、やる気のある人を募集していると思います。私も上記の団体の一つに属してお世話になっておりますが、人材は若干不足気味だと思います。


  会派に属する意義は「人脈」「情報収集」等言われていると思います。
  私自身はまだ会派にお世話になってまだわずかですが、「社会貢献により自分を大きくする」ということが会派に属する真の意義かなとおぼろげながら思ってます。
  私が大好きな稲森和夫氏の「生き方」(サンマーク出版)の一節を引用します。
  『損をしてでも守るべき哲学、苦を承知で引き受けられる覚悟、それが自分の中にあるかどうか。それこそが本物の生き方ができるかどうか、成功の果実を得ることができるかどうかの分水嶺になるのではないでしょうか。』


  一昨年度と昨年度は私自身会派の活動でそれなり?に忙しく、本業の時間が圧迫されることも度々ありました。
  しかし、特に去年の一年間で自分の視野は以前より確実に広くなったと思ってます。その視野の広がりは、今後自分が生きていく中で必ず自分に有形・無形の両面でプラスになって帰ってくると思っています。
  「その場で得をしたい」とかいう考え方があるかもしれません。「すぐに得をできるのであればやる」という考え方の方は、残念ながら小生のまわりにそれなりにいらっしゃいます。「『そういう』活動とは距離を取れ」等とあからさまに私に言ってくる人間もいます。正直申し上げて会派活動の多くには「すぐに得られる得」などといったことは望めないと思います。自分に返ってくるものがあるとすれば、それはもっと遠まわしに、そしてもっと大きく返ってくるものだと思ってます。
  事務所の都合でこういったことはできないという方もいらっしゃると思いますが、このような活動への興味をなくすことだけはしないで頂きたいと思っております。弁理士会の活動の多くは実質的に会派によって支援されており、会派の動きを注視することは弁理士会の活動を注視することにつながります。正しい監視の目は、どのような分野においても必要です。

ゴルフ(3)パター購入

  昨年3月頃、アイアンセット&5Wと共にパターを購入しました。何もわからずビックカメラ有楽町店に行ったら店員さんが大変親切に教えてくれました。今でも感謝しております。とりあえず初心者にも簡単そうに思えたフェースバランスパターを購入することにして、仕事および会務活動の合間をぬって試打を繰り返しました。

  あと、事務所のそばのヨドバシカメラでも試打してみました。そこにおいてあったスーパーストロークのグリップがついたパターが大変好感触。これもパターを決める上では大きかったですね。

  結局選んだのは、オデッセイのネオマレット型のパターでした。最初は中古のものを買い、その後ほぼ同型の新品をもう1本買いました。写真に示したのはその新型の方です。グリップは当初別のものがついていたのですが、2本ともスーパーストロークに取り替えました。お気に入りのパターです。

2016-05-11-01.jpg

2016-05-11-02.jpg
プロフィール

寺國希一郎

Author:寺國希一郎
ブログの閲覧誠にありがとうございます。独断と偏見でネーミングした「知財資格三冠」(弁理士、博士、TOEIC 900)を取得すべく奮闘中です。現在弁理士、博士(工学)、TOEIC 885の「二冠?」です。

2011年度第3回英検一次試験で、英検一級一次試験をなんとか突破。二次試験に向けて勉強中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。