スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分の発明のクレーム

  小生が前職在職中にした発明にかかる特許出願が、特許査定を受けました。特許公報が発行されていたので、見てみました。

  誰も信じてくれないんですけど、この公報(特許第5●●●●●●号)のクレーム、全部発明者時代の私が書いたんですよね。クレームどころか、某事務所さんは段落の【0001】から【00●●】までの従来技術に関係するところを私の提案書に貼り付けて出願しただけです(そうとしか私には見えない)。こういう事実があるんだということは多くの方に知って頂きたいです。

  まああらためて、その以前小生が書いたクレームを見てみると、用語の使い方が良くないですね。その大半は、ここ数か月少し勉強したら気づくようになったものです。数か月ほんの少しかじった人間でも指摘できるようなクレームが、まがりなりにも特許事務所を通過して出願され、まかり通っているという現実、どうみても宜しいことではないですね。^^;

  山元賢治さんの「ハイタッチ」(日本経済新聞出版社)に「右肩上がりは七難隠す」という言葉があります。特許業界はリーマンショックまでずっと出願件数が右肩上がりだったので、これから七難が出てくる(というか、出てきている)ところかと思います。
  ですが、やるべきことをやろうとしている人間にとっては、むしろここからが勝負どころだ....と勝手に思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

特許査定、おめでとうございます。
資格を得た後も、日々精進が必要ですよね。

No title

コメントありがとうございます。もっときちんとしたクレームが書けるよう、要勉強です。
プロフィール

寺國希一郎

Author:寺國希一郎
ブログの閲覧誠にありがとうございます。独断と偏見でネーミングした「知財資格三冠」(弁理士、博士、TOEIC 900)を取得すべく奮闘中です。現在弁理士、博士(工学)、TOEIC 885の「二冠?」です。

2011年度第3回英検一次試験で、英検一級一次試験をなんとか突破。二次試験に向けて勉強中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。