スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MBA EXPO

  昨日は東京都千代田区竹橋で開催されたMBA EXPOに行ってました。MBAを本当にやるかどうかわからないのですが、今の自分に足りない「仕事に必要な基礎体力」を養えるものはMBAの勉強ではないかと思っております。情報収集だけはしておこうと思い去年からボチボチこういう催し物に出かけています。

  午前中に会場に行き数カ所のブースで話を聞きました。ビジネススクールが取得し得る国際認証(AACSB、AMBA、EQUIS)というものがあるということ自体、私は最近知ったばかりです。私の場合の名目上のメリットは、せいぜい海外の現地代理人に会うときの名刺に、より堂々と「MBA」と書けるくらいかな?まあ、こういう国際認証を取得なさってるスクールの方が、講義の質が揃っていることは期待できるかなと思ってます。とあるブースで「貴方は別にMBAという肩書きがほしいわけじゃないんですね」と言われましたが、それはその通りです。

  その後周辺でお昼ご飯を食べようとしたのですが、竹橋というところはほんとにビジネス街で、休日はホントにお店やってない!やむを得ず周辺のコンビニでおにぎりを食べながら、ブースでもらった資料を見直しました。

  夕方になりもう一度会場に戻り、16時からは予約していたとあるビジネススクールの模擬講義を受講しました。グループワークで5人に分かれ、A4で3~4ページほどのとある架空の企業が遭遇しているケースの資料を5分ほどで読んで、議論して結論を出すというものでした(内容は秘密)。
  私が時間内に完全に資料を読み込めたとは言いませんが、議論の中身を聞く限りその5人中3人は残念ながら時間内に資料の中身を吸収できないレベルだったようです(一人は開口一番「とても読み切れない」とのこと)。それでも結局全員で議論したのですが、5人中私だけが異なる結論。私もいろいろ言ったのですが結局残りの4人を説得しきれず、グループとしては私と異なる結論を出すことに。
  しかし実はその後講師の先生から話があり、このケースでは私が考えていた結論がまあ良かったようです。先生が準備なさっているようなパーフェクトな答えにはたどり着けませんでしたけど。



  振り返ってみると、この模擬講義のグループワークでは、組織....特に古くからある日本の組織がしばしば遭遇する問題点を感じました。
  議論の中身から推測するに、5人中3人はそもそも資料を読み終えることすら出来てない。資料をきちんと最後まで読んで議論に参加したのは5人中2名。私と異なる結論を出した4名の中身は、「最後まで資料を読んだ人間1名+読み終えることすら出来なかった人間3名」だった訳です。でも、その3名の意向が結論を大きく左右した。恐ろしいことです。休みの日にMBAのイベントに出てくるくらいですから、一般の人より向学心は相当高い方々なのでしょうからね。
  私自身の反省点は、読み終えた1名及び読み終えることすら出来なかった人間3名を短時間に確実に説得できなかったことです。こういう事態には、前職の頃から何度も何度も遭遇しました。前職では結局説得できなかったり、その後村八分的にされたり、仕事に必要な情報を流してもらえなくなったりしました。弁理士になって会社を辞めた理由の一つには、そもそも他人ともうあまりそういう関わりを持ちたくなかったということがあります。明細書作成や意見書作成であれば、作成後にクライアント様からコメントを頂く事は勿論ありますが、少なくとも作成中に他人から茶々が入ることはまずないですからね。
  でも、やはり、こういう事態に対処できる能力を学ばなければいけないのかなと思いました。これまで私が人生の中で最も目を背けていた点です。
スポンサーサイト

近況(ゴルフ)

 9月は、とある事情によりバタバタと過ごしてました。もし後日記載する気になったら、こちらにも書きたいと思います。

 さて先日はゴルフのラウンドに出かけました。あくまで練習ラウンドではありますが、ようやくスコアで110を切ることが出来ました(前半56、後半51、トータル107)。工夫したことは以下の通りです。
(1)とにかくクラブを振って打ち込んだ。
(2)できるだけラウンドする機会を増やした。
(3)アイアンを買い換えた。
   アイアンの好不調の波が激しかったため、調子の波があまりなかったウェッジと同じシャフトのアイアンにした。
(4)ほぼすべてのクラブのグリップを交換した。
   私は指が若干長めのようなので、少し太めのグリップにした。また、バックラインがあった方が握りやすかったので、バックライン付のグリップにした。
(5)ウェッジの本数を増やして、アプローチの距離の打ち分けを容易にした。

 結局、ここ数ヶ月でゴルフクラブを計8本買い、5本売りました。でも買ったクラブはすべて中古ですので、投資額としては比較的低く抑えられていると思います。

 ゴルフというのは初心者にハードルの高い難しい競技だと思います。まあ、そろそろ「100切り」が見えてきたような気がするので、もう少しボチボチ頑張ってみたいと思います。

某経営大学院の説明会

  先週土曜日は、とある経営大学院の説明会に出かけてきました。このような説明会に出かけるのは2回目になります。次の一歩はこれかなと。というより、今までこういうことを知らずに生きてきたというのは非常に恥ずかしいことではないかと思うようになりまして。まだ通えるほど余裕はないんですけど、事前調査ということで....

  で、出かけてみた感想ですが、端的に申し上げると、自分のためにはなりそうですが、思ったより緩く今すぐ通い始めてもいいくらいの感じでした。こういうことを申し上げるのも難ですが、一つ目の経営大学院はとてつもないスパルタでしたが2つ目はだいぶ整っていると申しましょうか、オブラートに包んだ感じと申しましょうか。
  
  説明会にいらしていた方々はざっと50人くらいか。関わっているスタッフもざっと15人くらい。相当大規模ですね。去年一つ目の大学院の説明会に行ったときは、説明会にいらしていた方が私を含めて4名、スタッフが1名だったので。
  出席者の世代は高々30代半ばくらいか。体験講義も、そういう方々....要は、学部か修士くらいを出て、組織に属して5~10年くらいたって、次どうするか?みたいな雰囲気の方々に対して、「如何に私達の大学院が役に立つか!」というアピールをするものに感じました。繰り返しますが、体験講義は大変有意義でした。
  私がこれまで見てきたいわゆる日本の組織では、重要な判断は結局数十年前の成功体験に基づいて行われていたと思います。その組織は、今不慮の事態に陥ったり、社会的な信用を失ったりしていますが、こういった経営大学院の知識を生かす方々が増えていけば少しずつ日本全体を変えられるんじゃないか....と思いました。

  で、私がどうするのか、ということですが、もう数カ所経営大学院の説明会に行ったりしつつ、次を考えていきたいと思います。あとはゴルフの練習が忙しくて(笑)....いや、すみません。

ゴルフ(8)その後のラウンド経過

  その後は新しいゴルフスクールに通い、会派活動に追われつつ4スタンス理論の本を読んで勉強をしてました。昨年7月のラウンドのスコアが148,昨年8月のスコアが139,昨年9月のスコアが126と,少しずつスコアは良くなりました。
  並行して少しずつクラブを買い足しました。昨年7~8月のラウンドの際にはまだ5Wは長すぎて当たる気がしなかったので、一本ユーティリティーを買ってティーショットをしてました。その後少しずつ長いクラブにも慣れてきたので、昨年9月にようやくドライバーを購入。キャロウェイXRドライバーです。また、これと前後してウェッジも二本買いました。ドライバーと同じキャロウェイのウェッジです。
  その後の昨年10~11月頃のスコアはまた140~150くらいでまた大変苦戦しました。この頃はドライバーを買った直後で、当たれば結構飛んでドラコンを取ったこともあるのですが方向性が全く駄目でした。今も良くはありませんが。
  で、昨年末ラウンドしたときは、午前中はグリーンが凍っていてカチコチだったため全く駄目でしたが午後のハーフで57でした。これが今のところの自己ベストです。
  元々運動神経に自信がない人間がやってますし、手間がかかるのはしょうがないと思ってます。

ゴルフ(7)4スタンス理論

  ゴルフスクールを乗り換えた頃から、ゴルフの本を買い集めて読むようになりました。ゴルフの本というのはあまりにもたくさんありすぎて何を読んでいいかわからず敬遠していたのですが、例の某最大手スポーツクラブがあまりにも杜撰だったのに懲りて、やはり勉強しなくてはいけないと思いまして。

  今までに買った本は雑誌も含めて40冊弱ですが、1番良かったと思うのは廣戸聡一 先生・横田真一プロによる4スタンス理論の本です。極々簡単に内容を申し上げると、「ゴルフのスイングは、人間の体のタイプ別に4種類ある」ということです。
  すなわち、人間の体のタイプはA1・A2・B1・B2の4つに分かれる、さらに誤解を恐れず申し上げると、そのタイプは、どのように重心を配置したがるか、という点で決まる。

  私はA1(つま先・内側重心型)です。私は交差点で信号待ちをしているときでもつい内股でつま先に体重をかけて立ってしまうくらいの生粋のA1だと思います。A1のプロゴルファーとしては、石川遼プロ・片山晋吾プロ・松山英樹プロ・イボミ等がいらっしゃいます。

  4スタンス理論については、ゴルフスクールを乗り換えた頃に本を4冊ほど、さらにDVDも買って勉強してました。私自身にとっては非常に有益な理論で、なんとか今までゴルフを辞めないで続けてこれたのは4スタンス理論のおかげといっても過言ではありません。
  私が見たところ、ゴルフのインストラクターの多くは4スタンス理論で分類すると、A2に属します。A2はスイングが1番シンプルできれいなため、お手本にされやすいということが影響していると思います。A2のプロゴルファーはタイガーウッズ・中嶋常幸プロ・宮里藍プロ等です。
  しかし、当然のことながら、A2のインストラクターがするアドバイスが他のA1/B1/B2の人に対して適切かどうかはわかりません。たまたまあってればいいですが、自分に合わない動きを押しつけられてしまうとかえって上達の妨げになります。
  勿論インストラクターよりはるかに下手な私がそんなことを申し上げるのは一見変な話なんですけど....ただ私は、インストラクターの話を聞くにしても、「このインストラクターはどのタイプだろう」ということを見抜いてから聞くようにしています。

  特に私が多くのA2インストラクターと何度もやりあった挙げ句自分のやり方を通しているものは、スタンス幅です。A2及びB1は狭めのスタンス幅の方が振りやすいのですが、A1及びB2は体の構造上広めにスタンス幅をとらないと振れなくなります。しかしA2インストラクターは自分の業務を全うするために、狭めのスタンス幅を押しつけてこようとするわけです。これに関しては、たぶん今通っているゴルフスクールのほぼ全てのインストラクターとやりあったと思います。結局今は自分のやり方を通してます。
  このほか、ゴルフのグリップでよく「左手の中指・薬指・小指の3本で持て」という話があるのですが、これもA2ゴルファーに典型的なグリップです。私の場合はA1タイプなので、人差し指を意識してグリップする方が良い結果が出ます。左手の中指・薬指・小指の3本で持ったら腱鞘炎に悩まされるだけです。横田真一プロ(横田プロ御自身はB1で、A1と同様に人差し指を意識してグリップ)も同じ話をDVDの中でしてらっしゃいます。

  弁理士先生でもゴルフをなさる方が多いのですが、良いスコアを出す先生の多くはA2だと見ています。
プロフィール

Author:寺國希一郎
ブログの閲覧誠にありがとうございます。独断と偏見でネーミングした「知財資格三冠」(弁理士、博士、TOEIC 900)を取得すべく奮闘中です。現在弁理士、博士(工学)、TOEIC 885の「二冠?」です。

2011年度第3回英検一次試験で、英検一級一次試験をなんとか突破。二次試験に向けて勉強中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。